人間の未来予知能力

信頼する占い師のある言葉に人間にはみんな少なからず未来を予測する能力があると仰る先生がいます。ですが人間は長い人生や歴史の中で未来をキャッチする能力が低下してくるものと言います。そして占いといった手法でその未来を予知する力を編み出したとも言います。本当に数多くの占術がありますが、過去、未来を見通すことができるものが多いですよね。なんか納得です。

古代では人間は自らの予知能力で未来を自由にキャッチしていたと言います。しかし進化と共に脳や発達して目に見えるものだけで判断をするといった習慣が身につきました。多くの方は理性、頭脳によって縛られている状態。アーティストなどはそういった概念があまりなく自分の感性による作品を作ったりしているので、占い師向きの素質があることにもなります。

人間は本来、潜在意識の領域で見えない世界と繋がることができると言う先生もいますが、現代ではそれがわかる、視えるといった人間は限りなく少なくなったと言います。

そこを補う存在が占い師

そこで生まれたのが未来を予知してキャッチする占いといった方法です。最初はできるだけわかりやすいようにコインやサイコロ、カードなどを利用して未来をキャッチする術を編み出しました。こういった占いは目前の大事な判断をするためにも利用されるものです。

ですが占い師は能力、技術に腕を大きく左右される問題があります。まぁどの分野でも同じですよね。プロと名のつく人物でも実力差、評価はピンキリです。同じく占い師も判断能力や解釈能力に差があると同じ結果でも相談者に伝わるニュアンスやアドバイスが変わってきます。

そこで占いの世界には当たる占い師、当たらない占い師といった分野に別れたりします。ですから占い師の当たる、当たらないを大雑把にいうと占術で占った内容に対して正しく読み取り、解釈する能力が高い、低いで占いの上手い、下手になるケースが多く存在しています。

ですから自分にとって良い占い師を探す場合は相談前に元気になれたか?前向きな気持ちで状況に向かい合うことができるようになったか?などで判断をすると良いです。未来を視てもらってもそれが本当に起こるかどうかはやっぱりその状況にならないとわからないですからね。

MENU

Copyright (C) ゲーム&恋占いでまだ消耗してるの? All Rights Reserved.